2021年の目標など②

1.プライベート

(1)趣味

①本と静かに向き合う

何年か前にストレスが天元突破した時、大量の本を売っ払い、そしていくつか本棚も捨ててしまった。そのおかげで今、本棚不足に悩んでいる。1冊買ったら1冊売る、的な感じでごまかしているけど、このペースだと厳しいかも。引っ越したら本棚買おう。

ストレス溜まると本も読めないのよね。雑念が湧いてきてしまって。今年は静かに読む時間を取りたいと思う。今ここにある時間を大事にしながら。焦って読み飛ばすとかそういうことしなくていいんだ、っていうのを自分に言い聞かせることから始めようか。あとは、図書館通いを再開したい。

 

②心身のバランスを取るために、あれこれ練習してみる

引きこもり生活で風邪を貰ってくる暇がないため、心のストレスがそのまま心の不調になることを実感。楽器の練習は、心と身体を結びつけるための一つの手法だけど、日常生活では、何が「練習」になるんだろう。こうやって、気持ちを書き表すことなのかな。ヨガとかストレッチ、筋トレもそうなのかもしれない。今年もこうやって、自分のことだけを考える時間を作っていきたいと思う。

あとは、「薄い腹」になる。全然痩せなくて困ってるんだけど、どうもお腹周りがかなりやばい。体幹がない。痩せるより何より、腹回りを鍛えたい。

 

(2)語学

全然やってないな。語学を学び続ける能力がない。とりあえずDuolingoを最後まで完走してみようか。

 

2.仕事

①功を急がず最善を尽くす

去年は色々急ぎすぎた。焦って視野狭窄に陥ること多数。落ち着きたい。だんだん集中が切れてきたぞ。。足りないところは後で加筆しよう。

 

②会議で英語で喋れるようになる

これ。そろそろ死活問題レベルにヤバい。日本語の運用能力にも難があるから、英語も厳しい。でも本当になんとかしないと今年後半あたり死にそう(社会的に)。去年は仕事以外でのインプットが少なかった自覚があるから、まずはインプット増やしたい。

 

3.資格試験

3週間もサボったからな。。とりあえず計画立て直すところから始めようか。

 

4.人間関係

 

2021年の目標など

今年はどういう年にしたいか。まずは年齢ね、年齢。そろそろ色んなことを真剣に考えないといけないかも。加齢こわい。でも先送りはいけない。

 

今年のテーマは「余白を余白として大事にする/余裕をもつ

 

去年はストレス、自分への甘え、自堕落、不安、不満、怯え、もうとにかく色々のことを理由にして、余白とか余暇をすべて娯楽で埋め尽くしていたよね。代表的なところでいうと、音。家にいるとほぼ無音なのだけれど、常にラジオ、音楽かけてた。本当にずっと。あとネットね。何年かぶりにネットにべったりの生活をしている。こういう「外からくる刺激」に身を任せてる状況。なので、余白も余暇もない。常に甘やかな刺激の中にある。いやー困った。こういう時にどうしたら良いかは知っている。なら、やらないと。気持ちは変えられないから、行動から変える必要がある。

で、目標について。今年は、そんな余白を余白として大事にしたい。無音でも良いじゃないか。私が生きているのは今ここにある現実だし。瞑想でもするかね。いよいよマインドフルネスと真剣に向き合わなければならない時が来たのかもしれない。

そして余裕。去年は余裕なかったわー全てのことが初めてで、初めてなのに求められるレベルは高くて、自分がどこに行っても最後尾の一番出来ない奴ポジションなの。人生で初めてだわ。ほら、年齢も年齢だから、「新人です!」的なポテンシャルじゃ押しきれないわけ。それ相応の振る舞いが求められるの。いつまでも女子!みたいなこと言ってられないからね。他人に思われるのより何より、そういう自分が許せない。

常々自分に負荷かけたいー1.8倍くらいーなんて思ってて、うん、そういうストレッチな環境を求めている自分がいるのも事実だけど、どこ行ってもオメェが一番出来ねぇんだよって見せつけられると、正直自分ゆらぐよね。煉獄さんのお父さんの気持ちがよくわかる。ずっと揺らいでたわ。でもまぁ、食べてかなきゃいけないし、それに幸いなことに厳しくも優しい環境ではあるので、そのことに感謝しつつ、人生という長大な暇つぶしに取り組みたいと思う。

田舎でさ、親族に大学卒業した人がいなくて、奨学金もたんまりあって、メンタルも若干アレでさ、そういう奴が東京のクソデカ企業で働いてるの。夢みたい・・・とは1ミリも思わないけど、ああ随分と遠くに来たんだなぁと思う。地元から離れ、心と身も離れ(バランスを崩し気味)、周囲の人からも離れ、そんな生活をしている。私はどこに行くんだろうね。

 

そんな環境だから、ずっと功を急いでいたんだと思う。早く答えが欲しい、早く、早く、早く正解にたどり着かなきゃって。だいたいそういう時って失敗するのが世の常で、まぁなんていうか、そういう王道を歩んでいたよね。後から振り返ってみれば、実は少し時間があったり、深めたりする余地があったりして。焦んなくてもいいじゃん!って思えるようになりたいな。そのためには、自分の現在位置、進むべき方向をしっかり捉える必要がある。その辺の感覚を磨いていきたいと思う。私は楽するために努力できる性格なので。

 

2020年の振り返り

2020年の目標は「あえて立ち止まってみる」でした。その心は、「一つ一つのことをじっくり、中長期的な目線で考え、取り組み、そして成果を上げる一年にしたい」から。と1年前の私は言っていた。

どうだったかな。立ち止まることが怖くて、自分の余白をあれこれの娯楽で埋め尽くしていたかも(現在進行系)。いやーコロナ禍だったから、健康で過ごせたならオールオッケーっていう気持ちもあるんだけど、でもそれじゃ、今年、来年、再来年・・・の自分に申し訳ないよね。っていう気持ちもあった。

在宅勤務するようになって、私のストレスの大半は人から来ているんだと強く思った。だってさ、久々に職場で同僚と仕事したらめっちゃ苛ついたもの(その人の尻ぬぐい的な業務だったせいもある)。殺気消さなきゃって何度も思ったね。まずいね、家にずっといるから、人との距離感が若干怪しくなってたわ。殆ど人と話さないし、職場の人も仕事以外のことで話さないし、あーコミュ力消滅だよ本当に。

心のどこかで人とのコミュニケーションを欲しているのかなとも思う。ただ、沢山は要らない。もしかすると、今くらいの量が私にはちょうどよいのかもしれない。なんて思ったり。

以下、去年の振り返り。

 

1. プライベート

(1) マインドフルネス・認知行動療法を生活に取り入れる

オンラインカウンセリングにしばらく取り組んでみた。忙しくて、というか、テキストでのやり取りならうまくできるかと思ったけど、やっぱり難しいね。口頭もそれはそれで難しいのだけれど。とはいえ、事実と感情を分けて考える習慣が付き始めたのは良かったと思う。マインドフルに過ごすのは難しかった。殆ど取り組んでいない。ネットとかの娯楽で余白を埋め尽くす生活をしてた。自分の感情にもう少し真剣に向き合えたか?わからない。時間はあったけど、そういうことする余白がなかった。

(2) 心身の健康状態に敏感になる

部分的には気をつけられていたかも。今年は外出がぐっと減っただけあって、風邪をもらったりすることもなく、身体は元気だった。普段なら、心のストレスが身体の不調にあらわれていたけれど、去年は心のストレスは何となくのやる気のなさ等のメンタル面に直接現れていたように思う。そう、「何となくのやる気のなさ」。それだけで、1週間1日の大半をベッドの上で過ごせちゃうから自分のポテンシャルに驚愕。ああ、働きたくねぇ。

筋トレ始めた。痩せない。今年は薄いお腹を目指したい。寝て過ごしたこの1週間で、自分の年齢とか、生活の刺激のなさとか、え、それいつまでやんの?的なことをぐるぐると考えていた。いや、考えていたというよりは、頭の中にふんわり浮かんだそれを、ずっと頭の中に留めおいていた。

(3) 趣味

紙の本を読む機会を増やす。

通勤時間がなくなったから図書館に行く余裕も出るかと思ったら、出なかった。殆ど行かなかった。Kindleで買うことが殆どだったかも。SNSの口コミ見て本買ったりはしたかな。余白を埋めるかのような読書しかしていない。もっと噛み締めて、血肉にしたい。目的的に本を読むのは好きじゃないけど、なんか、右から左に抜けていくだけなのは勿体ないし、作者に悪いような気もする。

楽器。自由に弾けるようになる。

平日20分練習できたら御の字〰なんて思ってたけど、20分じゃ足りない。最低30分、1時間は練習したい。って思えるようになった。まだまだだけど、上手くなりたいし、上手くなるためには練習あるのみ。心身のバランスを取る鍵は練習。

(4) 金融資産の回復

回復はしてないけど減ってはいない。クラファンとか色んなところに寄附してたかな。過去最高額だと思う。残った分で奨学金返してた。今年も去年くらい貰えるかなんてわからないからね。今を楽しみつつ、将来のことも考えていかないと。奨学金返し終わったら、広い家に引っ越したいな。

(5) 資格試験に合格する

はいこれ全然できてない。サボり始めて3週間。向き合うのが怖いんだと思う。それに、今の職場でも、資格試験なんて取り組まなくてもやっていけそうな気がしていて。なんて驕りだ。何ていうか、自分が努力している・していないの尺度はこの資格試験の勉強をしているかどうか?なんだけど、うーん、立ち返るところが弱いんだよね。馬鹿だと思われたくない、じゃ弱いし、これ私の言葉じゃないし。このお休みの間に、立ち返るところをもう少し深めたいと思う。

 

(6) ビジネスレベルの英語を身につける

英語が嫌になるとかいう新展開。土日勉強したくないけど、唯一、オンライン英会話だけはやった。どういう英語を、いつまでに、みたいな感じでマイルストーン置いてやってく?そろそろ話せるようにならないと、たぶん爆死するぞ。

2. 仕事

他人の声に惑わされず、自分のなすべきことを一段上のレベルで提供する。

○○さん(ロールモデル)ならどうする?って、やらかしたあとに考えたりしてたんだけど、○○さんと私は違う人だし、無理して違う人になろうとする試みはやめたんじゃないっけ?とか思ったり。言い訳かな。新しい部署に来たので、今までのことはほぼほぼリセット状態。また1から学ぶっていう。なんか、インプットの年でした。でも、途中で面倒くさくなってインプットも怠っていたような。前面に立たなくなったから甘えもあったのかも。それは今の年次の私が享受してよいものだったのかなとも思う。

あーやらかしたーーーっていうことが結構あった。結果的には問題なくても(あってもそれほど問題にはならなかった。幸いなことに。)、土日潰すくらいには凹んだり。なんか焦らなくてもいいのかもしれない。しくった時に後から辿れるように、常に自分の行動を説明できるようにしているけれど、それに加えて、焦らないっていうのも付け加えたほうがいいね。

 

2020-07-24

奨学金返済のゴールが見えてきた。

といっても、まだウン百万円残ってるけど。貯金全額ぶっ込んだら返済できる感じです(絶対やらないけど)。

 

今からせっせと繰り上げ返済をしていったら、来年には完済できそう。といっても、かなりチャレンジングではあるけれど。

 

●回繰り上げすると利息が●円浮くからそれで・・・みたいなことを考え始めたら、何かずっとそんな事ばかり考えてしまって、あぁまたやってしまったと。奨学金とはなかなか上手く付き合えない。もっと生産的なことしようよ。勉強とかさ。

 

思えば、猶予されていた国民年金奨学金あわせて3桁後半万円を背負って社会人になり、国民年金は3年目くらいの時に全部支払ったんだっけ・・・大学院に在学中は奨学金の支払いを止め(やっぱり本とかお金を気にしないで買いたいじゃない)、転職して給与が上がり、ようやく賞与の時期じゃなくても定期的に繰り上げできるようになってきた。

 

 

奨学金返し終わったら、引っ越しできるかな。そろそろ少し広い部屋に住みたいんだ。家電も買い替えたい。

 

 

ままならないこと

年齢を重ねる度に、ままならないことが増えてきた。

しょうもないところで言うと、今日は不注意で腕を思い切りぶつけてしまって、筋トレが出来ない。これまでは、気合やら何やらで乗り切ってたのに、何ていうか、気持ちはあっても体がついて行けない。というか、物理的に無理。完全に無理。老化?これ老化なの?

思考停止?

特定の種類の物事に直面すると、思考停止してしまう癖がある。それ以上考えることができなくなって、でも何とか取り組もうとすると、平時よりもミスをする。やる気もほぼゼロになる。というか、思考が無になる。それでも何とかやろうとするけど、時間はかかるはクオリティは低いはで、大抵自己嫌悪に陥る。

これで問題が起きたことがないのは、この物事の重要性も緊急性も低いからであって、これ以外のことについてはわりかし上手くやれていると思っている。

論理的でないものや思考の跡が見えないものについて、そこに意味を見出そうとするから?でも、表層的な話でもすっと受け止められることもあるんだよなぁ。

今の自分の認識だと、論理的でなくて、全体を見て判断すべきところ一つの要素だけしか見ていなかったり、実質を見るべきなのに形式しかフォーカスしてないとか、そういうものの交通整理に難があるような?上手く言い当てられないな。むしろ、そんなふうに課題を探り当てられたら、あとは実行するだけなので、問題ではないんだよな。

私一人の問題としてそれに取り組まなきゃいけなくて、でも自分一人じゃ見当を付けることができないから?

私の仕事じゃないという怒りが邪魔してるのかな。基本的には、自分の仕事じゃなくても必要あればやるスタンスだけど、確かにこの類の物事に対しては、「何故私が...」と思ってるのは確か。

2020-05-06

GWも終わりに近づいている。

今週は2日働けば休み、そう思って頑張るしかない。

 

リフレッシュはできたと思う。

平日と土日の境目が曖昧になって、なかなか気が休まらない日々を送っていたけれど、このGWは「完全な休暇」として息抜きができていた。でも、もう終わっちゃうんだね。

 

読みたい本は、全部は読めなかったな。仕事の本も読みたかったけれど、メンタルヘルスの本を読んでいたらそれで終わってしまった。

 

体重。減らない。運動量が少なくて、しかも食べるから(食べるくらいしか楽しみがない)、在宅勤務開始した頃に増えた分は減ったけど、それ以上はなかなか。停滞していたところ。そこでとうとう、ビリー隊長のところに入隊しました。。令和版の。汗だくになりながら、体を動かすのっていいね。